インタビュー

見るからに良い人でないのがわかる。はりつけて殺される最期は命乞いをしていて滑稽。
心の中で遊びながら、今回は演じました。


昔、時代劇に出ていそうな顔だといわれたことがありますね(笑)
時代劇なので普段の話し言葉ではなく、武士言葉を楽しめました。
現代でやるとくさいようなことも時代劇でやるとピタリとはまりますよね。


ストーリーはありえない不老不死がテーマですよね。中国からきたというのもありえないですよね。だけど、そういう嘘もひっくるめて主人公も重いものを背負っていると思います。そういうところですかねぇ。


アニメはぶっとべる楽しさがある。基本さえわかっていれば遊べる要素があるから楽しめるのでは?


今回は時代劇で悪者と正義という書かれ方だけれども、見方を変えれば自分だけが悪いのではないと思う。是非とも領主の最期の姿を見てほしい。